ブログランキング

★★ブログランキング★★
ブログランキングに参加しています!もしよろしければ、記事を読んで頂いた後に、下記バナーをクリック頂けると、励みになります。 moko&モカともども応援よろしくお願いします・・・

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 うさぎブログへ

プロフィール

script*KT*

mokyuo

Author:mokyuo
☆モカ'sプロフィール☆
ホーランドロップイヤー
(BKリンクス)の男の子
2008年11月にmokyuo家へ♪
お迎え初日から元気いっぱい!!
これからの成長をお楽しみに・・・


CIMG0562s.jpg
☆moko'sプロフィール☆
mokoは2001年3月3日生まれ
2008年9月9日、7歳でお月様へ

ブログタイトルにもなっている
mokyuo家の先代うさぎさん
ホーランドロップイヤーの
男の子
mokoとの幸せな日々を通して
うさぎさんと暮らす生活の
素晴らしさを教えてもらいました


☆mokyuo'sプロフィール☆
旦那さんとともに・・・
うさぎさんLOVEな毎日を満喫中♪

★moko道はリンクフリーです★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Counter

OnlineCounter

現在の閲覧者数:

フリーエリア


【7歳のバースデーカード】
『usanpo island』のうさんぽさんから mokoへ・・・



【moko&モカのイラスト】
『とろろこんぶ』ののりたまさんから moko&モカへ・・・



『team兎ネット』会員証】


08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
先代mokoとの思い出&モカとの新たな日々~新生”moko道(もこみち)”~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
感謝の気持ち&mokoへ
ご無沙汰しております、mokyuoです。

まずは・・・遅くなりましたが、
今まで『moko道(もこみち)』に遊びに来て下さった皆様、
そしてmokoのことを可愛がって下さった皆様・・・

本当に、本当にありがとうございました。

mokoのことを想い、私達夫婦の気持ちまで気遣って下さった
温かなコメントの1つ1つに、今も涙が溢れます。

『私達以外にもこんなにmokoのことを
大切に想って下さる方がいる・・・』

感謝の気持ちでいっぱいです。

また、皆さんのところへも必ず遊びに行きます。
申し訳ありませんが・・・もう少しだけお時間をください。


mokoとのお別れは、本当に突然のことでした。

いつものようにmokoと3人で過ごすゆったりとした週末が過ぎ、
亡くなる前日の月曜日は、夫婦ともに仕事だったので、
mokoはお家で良い子にお留守番をしてくれていました。

mokoの異変に気付いたのは、二人が仕事から戻った夜遅く・・・
その日、mokoの食欲が落ちていました。

今までも何度か経験してきたこと・・・
明日は休みだし、動物病院に連れていこう。

リビングで寝ているmokoの横で、一緒に一夜を過ごしました。

翌日、mokoとのお別れの日・・・

午前中に病院に行ったところ、お腹も歯も特に問題は
見られないし、まだ暑い日が続いているので、一時的な
食欲不振では・・・ということで様子を見ることになりました。

点滴と注射をしてもらい、薬をもらって帰ってきました。

病院から戻ってきたmokoは、いつものようにリビングの
片隅で寝ていました。

いつもと変わらぬ二人のひととき・・・
静かだけど、一緒にいる幸せを感じられる時間・・・

食欲が戻っていないからしんどいだろう、そう思った私は
mokoの様子を見守りながら、1日を過ごしました。

まさかお別れの時間が近づいているなんて考えもせず
「病院に行ったし、きっとすぐに良くなるだろう…」
今思うと、少し安心し過ぎていたのかもしれません。


mokoの容態が急変したのは、その日の夜になってからでした。

急に息苦しそうに大きく頭を動かすmokoの姿を目にした時・・・
側にいる私はただただ、抱きしめることしかできませんした。

初めて聞いたmokoの声・・・

その直後、mokoはお月様へと旅立ちました。

ほんの1分程の出来事で、目の前で起こったことが理解できず、
震える手で、まだ温かなmokoを抱きしめることしかできませんでした。


mokoを迎えた日から、いつかは・・・と覚悟していたのに・・・
その日が来た時に後悔しないように、mokoを大切にしようと
誓っていたのに・・・

いざ、その時の私は、何もしてあげることができませんでした。


ずっと1日一緒にいたのに・・・
もっとmokoの為に私にできることがあったんじゃないか?
なぜもっともっといっぱい撫でてやらなかったのか、

なぜ急に死んでしまったのか
一体何が悪かったのか

そんなことばかりが、ずっと頭の中をグルグルグルグル・・・
回っていました。


その後、私からの連絡で、慌てて仕事から帰ってきた
旦那さんの涙を見て・・・
張りつめていた何かが解けたように涙が溢れて
止まりませんでした。


mokoの顔は、とても安らかで、まるで笑っているかのような
いつものあどけない寝顔そのものでした。

なぜ、どうして・・・そんな言葉ばかりで自分を責める私の心を
最後まで癒してくれる優しい、いつものmokoの顔でした。

その夜初めて、旦那さんと私でmokoを挟み、一緒に寝ました。

たくさんの思い出が次から次へと浮かんできて・・・
あっという間の一夜でした。

mokoが旅立った翌日・・・

火葬をお願いした夕方まで、3人で最期の時間を過ごしました。

いつもと変わらない静かで穏やかな1日でした。

mokoの優しい顔、柔らかな毛、太陽のような匂い
mokoを形作る1つ1つが愛しくて、ずっと忘れたくなくて・・・

二人でmokoに寄り添っていました。


火葬直前、mokoの好きだったご飯におやつ、チンゲン菜に
パイナップル・・・たくさんのお弁当を一緒に持たせました。

そして、形見として、私達の自慢だったmokoのクラウンの
毛をほんの少しだけもらいました。

二人でmokoのお骨を拾い、ちっちゃな骨壷に入れた時・・・
初めて、やっとその時になってmokoの死を少し実感した
のかもしれません。


綺麗なお花を買って、mokoのケージを掃除して、

「moko、帰ってきたよ」

いつもと変わらず、少しちっちゃくなったmokoを迎えました。

お気に入りのケージに、mokoが寂しくないように・・・
うさちゃんのぬいぐるみ、綺麗なお花、
そして、たくさんの写真で飾りました。

CIMG3237.jpg

遅くなりましたが、手前の白い綺麗なお花は
mokoの為に、うさ友さんのがじゅうさんに頂きました。
この場をお借りして、mokoの分も改めてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


四十九日が終わるまで・・・このままもう少しの間だけ…
mokoのことを想い、一緒の時間を大切に過ごそうと思います。


mokoは私達と出会って幸せだったかな・・・


姿は見えなくても、きっとmokoは傍にいてくれている
あのいつもの穏やかな顔で私達夫婦を見守ってくれている

そう信じています





mokoへ


大好きなmoko・・・

何よりもかけがえのない存在だったmoko・・・

ずっと忘れないよ・・・

たくさんの楽しい思い出、幸せな時間・・・
一緒に過ごせてとっても嬉しかったよ

mokoに出会えて本当によかった・・・

moko、今までいっぱい、いっぱいありがとね・・・


いつかまた会える時まで、先にお月様で待っててね
スポンサーサイト
【2008/09/14 17:33】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(32)
| ホーム |
ブログ内検索

お友達ブログ&リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。